マンスリー・ウィークリー運用のご提案

ウィークリーマンスリーとして運用しませんか?

今、日本へ観光目的や就労で来日する外国人がすさまじい勢いで増加しています。その結果ホテルが不足し、民泊が活用されるようになってきました。 2018年6月からは年間180日を上限として、民泊に登録すれば1日単位の運用が可能になりました。 これによりホテルや旅館のように多目的なニーズに応えられることができ、様々な変化する需要に柔軟に応えることができるようになります。今まであきらめていた収益も、運用方法を変えることによっては収益に代えていくことができるようになります。


若い世代の人口、世帯数が減少し続けているため、進学や就職、結婚等を転機に賃貸住宅に入居するという需要は年々減少していますが、出張や研修等のビジネス用途、建替え時の仮住まいや長期観光の拠点等比較的短い期間での賃貸需要は拡大していることからこれからの賃貸経営には、様々なニーズに対応することが求められています。 ただ単に民泊のサイトに登録し運用していくだけでは、今後競争が激しくなることから、それほどの収益は期待できず、条例や新たに追加されていく細かな規定等に敏速に対応することも必要となっていくため楽観できません。 ご所有されているアパートやマンションの空室対策としては一定の効果は期待できるでしょうが、運用上の煩雑さや収益性を考えるとウィークリーマンスリーとしても合わせて運用していくことの方がより収益性を改善し、空室対策にも大きく貢献するのではないかと考えられます。


レントライフのご提案するウィークリー・マンスリー運用システム

1.借上げ型(サブリース型)提案

オーナー様からお部屋をお借りしてレントライフがウィークリー・マンスリー物件として運用いたします。 入居者がいない空室の期間でもお家賃をお支払いいたしますので 毎月安定した賃料収入が約束される安心のプランです。

2.分配型(収益配当制)提案

レントライフにて家具家電を設置した上でウィークリーマンスリー物件として運用し、収益を分配させていただきます。 家具家電の代金や設置、撤去代はレントライフで負担いたします。 借上げないため家賃保証はいたしません。運用状況によって毎月の収入は変わります。

ウィークリー・マンスリーとして運用する

オーナー様へ
ベストプランをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。